健康な体づくりが、美しいお肌作りに繋がる

ニキビ予防は、健康な身体から

青春のシンボル、ニキビ。
こう言えば聞こえはいいですが、大人になってできると嬉しいものではありません。
ニキビが目立って恥ずかしいからとつぶしてしまうと、にきびのあとがしっかり残って、余計恥ずかしいことになってしまいます。
そんな厄介者の大人ニキビですが、どうしたら予防できるのでしょうか。
大人ニキビは、化粧品の選び方を間違っていたり、不規則な食生活や睡眠不足、人間関係や仕事のストレスなど様々な要因が関わってきます。
自分がどんな肌タイプなのかを知り、脂っこい食べ物をなるべく控え、早寝をする。
健康なお肌は、健康な身体から。
身体が喜ぶをことをすれば、自ずとお肌も喜ぶでしょう。
だって、お肌は身体の一部ですから。

私がやっているニキビケア

私が日頃のスキンケアで、一番気を使っているのもニキビに対するスキンケアです。
ニキビができると、ファンデーションを塗っても肌のボコボコが隠せなかったり、化粧をすることで、さらに肌のデコボコが目立つ場合もあります。
ニキビ痕がクレーターのように残ったり、シミのようになってしまう場合もあります。
そして、大人のニキビは治りにくいといいます。
ニキビケアは、できてしまってからよりも、できる前にケアすることが大事と、以前皮膚科クリニックの医師が書いた本に書いてありました。
ニキビの最大の原因は、ストレスということなので、私は忙しくても、少しの時間でもいいので、リラックスする時間をとるように心がけています。
また、ホルモンバランスの崩れなども原因になるそうですが、これも、元をただせばストレスが原因になっていることがあるようです。
他に気を付けていることは、ピーリングで肌の汚れを落としておくと、ニキビケアになると聞いたので、定期的にピーリングもやっています。
また、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなど、肌に良い栄養素を食事に取り入れいることで、ニキビを予防できればと心がけています。